MENU

ドコモ光を一人暮らしで利用するなら!

 

いきなり結論ですが、ドコモ光を申し込みするなら、”GMOとくとくBB”がおすすめです。

 

GMO とくとくBB

 

 



 

  • キャッシュバック最大5700円
  • 15000円相当のWi−Fiルーター
  • Dポイント10000円〜

 

>>GMOとくとくBBのドコモ光 お得なキャンペーン実施中!

 

 

速度重視!が最大の売り!

 

GMOとくとくBBの最大の強みは超高速!

 

「プロバイダーで速度って変わるの?」と疑問に思うかもしれませんが、ズバリ!異なります(汗)

 

※その証拠に公式サイトに通信速度データを公表しています。

 

  • オンラインゲームで途切れて仕方がない!
  • 動画がカクカクする
  • ダウンロードが遅い!

 

パソコンなどを交換しても、ネットスピードに変化がないのあれば、ドコモ光&GMOとくとくBBは最適です!

 

 

工事、月額料金などQ&A

 

フレッツ光→ドコモ光へ切り替えで損をするケースがあるの?

プランが”マンション2”で月額は4000円以下&スマホがau・ソフトバンクの人です。

 

※マンションのプラン2は大型住宅(※大型団地、分譲、URなど)に多いです。

 

 

 

ドコモ光の工事料金はいくらなの?

基本工事費用:18,000円です。

 

ただし、元々フレッツを利用していて、転用する場合は0円です。

 

 

 

ドコモ光の月額料金は?
  • 戸建:5200円
  • 集合:4000円

 

です。

 

うちのマンションはドコモ光は利用できるの?

 

あなたの住む、集合住宅でフレッツ光が利用できれば、全国どこでも利用できます。

 

※ドコモ光はフレッツ光の設備を借りて、稼働しているため

 

 

コラム:ドコモ光のメリット・デメリットとは?

 

ドコモ光はドコモが提供するインターネットの光回線のことで、携帯電話の使用料金などモバイルの契約と組み合わせることで双方の料金が安くなる仕組みがあります。

 

 

光回線は従来のものをそのまま使用できるので転用も可能で、その場合工事が必要なく面倒な手続きも必要ありません。
そのため一番大きなメリットとしてはインターネットの回線使用料金とモバイル使用料金の両方が割引になることになります。

 

割引期間も制限が無いため、どちらも契約を続ける限りずっと割引料金を利用することができます。

 

また支払いもまとめることができ、契約や手続きも同時に行えるというメリットもあります。ドコモショップで両方のサポートが受けられるようになり利便性も高くなります。

 

デメリットとしては携帯電話のキャリアをドコモにしていない人にはあまり恩恵がないという点です。

 

割引はあくまでもモバイルとインターネット回線を両方契約していることが条件になってしまうので、どちらか一方だと料金割引のメリットは感じられなくなってしまいます。

 

ドコモ光は携帯電話もドコモを使用している人であればたくさんのメリットを感じることができます。様々なサービスもあり双方の使い勝手もよくなる効果もあるのです。

 

 

初めての一人暮らしのメリット・デメリット

 

社会人になるという事は、いつまでも学生気分のままいるわけにはいきませんので、一人暮らしをして自分で生活をしてみるのもいいでしょう。

 

初めての一人暮らしのメリットは、誰にも邪魔されずに自分の時間を過ごす事が出来る点です。

 

家族と一緒に暮らしていると、お風呂に入りたい時に入る事も出来ませんし、昼寝をしたくても邪魔をされる可能性がありますが、一人暮らしであればそういった事はありません。
自分が生活しやすいように時間の調整もしやすいですので、自由な時間を楽しむ事が出来ます。
その反面大きなデメリットとしては、貯金がしにくい点があります。

 

一人暮らしをする事によって、生活をする為のお金はすべて自分で支払わなくてはなりません。

 

家賃や光熱費など実家暮らしの時には負担していなかったお金がすべて自分にかかってきます。

 

家賃だけでも大きな負担になりますし、家事全般を自分で行うようになりますので、自立した生活が求められることになります。

 

将来の為にお金を貯めたいと思っていたとしても、毎月ギリギリで生活をしているとお金に余裕のない生活をおくる事になるでしょう。

 

メリットとデメリットを考えた上で、自分の成長を願うのであれば、一人暮らしに挑戦してみるのもいい経験になります。

 

 

 

ネット回線Q&A

 

インターネット回線を解説する女性

 

新規回線と転用回線の違い

 

インターネットを光コラボにする時は、転用回線と新規回線の2種類があります。

 

今までフレッツ光を利用していた人が変更するときには、転用回線という言葉を使います。一方今までフレッツ光を使っていなかった人が、光コラボに変更するときには新規回線という言葉を使います。

 

其の違いは、新規回線の方は新しい光回線を引かなければいけないので、其のための工事費がかかります。

 

工事が終わってパソコン側の設定を行うことで、インターネットが繋がるようになります。この時工事は居住環境によって値段が異なります。

 

工事費無料のキャンペーンを行っている時もありますので、その時がチャンスです。光コラボの開通に合わせて今までのインターネット回線を解約しなければいけません。

 

うっかり忘れてしまうと2重に支払をしなければ、ならなくなります。

 

転用回線の場合は、今までフレッツ光で使っていた回線をそのまま利用しますので、工事費はかかりません。NTTに「光回線に切り替えます」と、伝えて転用承諾番号をもらいます。

 

これをもらうことで、光コラボの契約に変更することを、NTTが承諾しました、という意味があるとても大事なものです。

 

これがなければインターネット回線を変更することはできません。この時一緒にプロバイダを変える時は、パソコンの設定を変える必要がありますし、旧プロバイダを解約することを忘れないようにしてください

 

フレッツ光→ドコモ光へ転用する場合の注意点は?

 

フレッツ光をドコモ光に転用する際に注意点があります。

 

転用の場合基本的に工事がないのが一般的です。

 

しかしドコモの場合それまでの利用環境によって派遣工事が必要になるケースがあります。

 

その理由としてドコモ光はフレッツ光のネクスト回線
を使用していることが挙げられます。

 

よってネクスト回線以外での契約の場合
原則的に機械の交換がと設定が必要になります。

 

それにより交換によっては派遣工事が必要になる点があります。

 

交換するかどうかの判断はドコモとユーザーの判断によるものになります。

 

ただし注意点として住居状況一軒家などではなくてマンションである場合
ネクスト回線以外なら自動的に派遣工事が必須になります。

 

またその際の注意点としてこの場合機械の交換はしますがその大半は
インターネットの接続設定をしないパターンです。

 

 

必要であれば別に設定を申し込みして訪問設定してもらうことになります。

 

ネクスト回線で工事が不要でもプロバイダを変更した場合新たに設定をする必要があるので
注意しなければなりません。

 

ドコモ光に転用する場合携帯電話の契約もしていると転用する際に特典のメリットが高いのでドコモユーザーなら
さらにお得にフレッツ光からドコモ光に転用できます。

 

 

ネット回線の光電話!メリット&デメリットは?

 

光電話とは、従来の電話回線と異なり、光回線と呼ばれる光ファイバーケーブルのネット回線を利用することによって、音声をデータ化し通話を実現した、光IP電話サービスのことです。従来の固定電話の電話番号をそのままご利用することもでき、光回線と同時に契約することでお得になることもあり、光電話に切り替える家庭や企業も多くなっています。
光電話の大きなメリットはまず、価格が安いことです。従来の固定電話に比べ、基本料金、通話料ともに大幅に安い料金で提供されています。さらに光回線は、高速で高品質な通信が可能なため、従来の固定電話よりクリアで、音質も良いこともメリットです。
デメリットとしては、時報(117)や天気予報(177)に代表されるNTTの電話サービスなど、一部の特殊な番号が利用できなくなることです。しかし、110番や119番などの重要な緊急ダイヤルは利用可能なので安心です。また、光電話は停電時には使用することができません。光回線から電話機が利用できるようにするための装置に電源が必要なためです。ただし、最近は携帯電話がメインになっており、ほとんどの方には、これらのデメリットは影響しないと考えられます。

 

フレッツ光と光コラボレーションモデル※どっちがお得なの?

 

家庭にインターネット固定回線がなければ、安定した通信ができなくなります。モバイル回線だけでは瞬く間に通信量の上限に達し、低速を強いられることも珍しくありません。それだけに自宅に適した契約を結んで、安心してスマートフォンやパソコンなどを使える環境づくりが大切です。もっとも普及してるのはフレッツ光ですが、最近では光コラボレーションモデルも人気を集めています。両者ともインターネットを使えることは同じですが、細かいサービス内容を考慮しなくてはなりません。それでは、いったいどっちがお得といえるのでしょうか。
フレッツ光と違って、光コラボレーションモデルは携帯キャリアが提供しているものが多く存在します。そのため、自宅とモバイルの回線を同じ会社に合わせることで、大幅割引を受けることが可能です。また、プロバイダが提供している例もあり、今後さらなる拡大が予想されます。ただ、通信速度が低下したり、今まで受けていたサービスが中止されることもあり、事前の確認は必須です。どっちがお得が判断するには、実際に申し込んでみた人の体験談なども参考になります。まずは情報収集に努めて、フレッツ光か光コラボレーションモデルかを選んできましょう。